今回はさんぷくの餃子をご紹介します。

写真を見ただけでもビールを飲みたくなります!

更なる美味しさを求めて、焼き方や保存方法など日々追及しています。

そんなさんぷくの餃子・・・ちょっとだけ裏側をご紹介します。

       

 

白飯に合うのはもちろんですが、ラーメンやつけそばと一緒に食べてもおいしい!

お客様の食べ方は様々です。定番の醤油、酢、辣油のたれで召し上がるのが一般的だと思いますが、私は酢と辣油でさっぱり食べるのが大好きです。

最近では、マツコさん影響か、酢とコショウで召し上がる方が増えています。

 

 

 

 

 餃子のあんは、国産の豚肉、キャベツ、ニラ、ニンニクをベースに作られます。豚肉は食感と味のバランスを考え、2種類の挽き肉を混合しています。

 

 餃子を焼く際は、強火で焼かず、中火でじっくりと蒸し焼きします。そして、3~4分たったところで鍋の中のお湯を一度捨て、水分が無くなるまで素焼きしてから油を回し入れます。さらにじっくりと焼き上げる事で、カリッとした表面とふっくらジューシーな食感が味わえるのです。

 

 

 

 

この鉄鍋は特注の餃子鍋です。

底の部分が厚く溶接されているのが確認できるでしょうか?

この厚さこそが私達のこだわりなのです。

ご家庭では味わえない食感を、是非お店でお楽しみください!

 

 

 

ちょっと

 気になる...!?